篤見唯子のスロウスタート

この記事は まんがタイムきらら Advent Calendar 2016 - Adventar の10日目の記事です。

www.adventar.org

はじめに

今年は今までで最も多くの まんがタイムきらら の作品に触れることの出来た一年でした。

その中でも最も私の好きな作品の一つ、篤見唯子先生の「スロウスタート」を紹介したいと思います。

可能な限りネタバレなどは避けます。

作品について

スロウスタート は 篤見唯子先生 によって まんがタイムきらら 2013年7月号より連載されている作品です。

単行本は3巻まで発売されています。(2016年12月現在)

淡く優しいふんわりとした色使いの特徴的な絵柄がかわいらしいです。

登場人物

※ 単行本内のイラストを貼り付けるのがはばかられたので画像はありません。1巻のAmazonプレビュー、3ページ目あたりを見ながらだとキャラクタの想像がし易いと思います。

主な登場人物をざっくり紹介します。

いち花名はな

主人公。

高校一年生。実家を離れて従姉のおんの管理するアパートで一人暮らしをしている。

人見知りでネガティブ思考、泣き虫で打たれ弱い豆腐メンタル。

みんなには言えない秘密がある。

かわいい。

くら

高校一年生。ヘアピンがトレードマーク。

花名のクラスメイトで人気者、圧倒的コミュ強。天然たらし。

かわいい。

ももたまて

高校一年生。ツインテールの元気っ娘。

栄依子とは同じ中学出身。

重度のオタク。

八重歯。かわいい。

せんごくかむり

高校一年生。ちっちゃくてマイペース。

栄依子とは小学校の同級生。栄依子によく懐いている。

かわいい。

魅力

スロウスタートは言うなれば、花名が自身の抱えた秘密と向き合う物語です。

友人たちと過ごす何気ない日常の中で、時折ふっと鎌首をもたげるそれとどう折り合いをつけるのか。

秘密を打ち明けることで何かが変わってしまうかもしれないという不安と、親しくしてくれる友だちにそれを隠し続けることへの罪悪感。

けれども周囲の優しさの中でゆっくりと成長する花名の姿こそがこの作品の魅了だと思うのです。

かなり短くなってしまいましたが、文字通りいい意味でスロウな作品なのでこれ以上踏み込んだ話をしようとするとどうしてもネタバレを含んでしまうのでこのあたりで。

蛇足ではありますが、あんまり短すぎるのも申し訳ないので拙作の花名とたまてのデフォルメアイコンを投げておきます。酔狂な方が居ましたらTwitterのアイコンなどにご自由にどうぞ。

f:id:Ryooooooga:20161209220312p:plain:w300f:id:Ryooooooga:20161209225600p:plain:w300